Tag Archives: 徳川家康、戦勝祈願、東照宮、稲荷神社

浜松八幡宮

浜松八幡宮

徳川家康は、浜松城の鬼門に位置するこの八幡宮を

鬼門鎮護・開運招福・武運長久の神として篤く信仰し、度々参拝したようです。

祭神

玉依比売命(たまよりひめのみこと)

品陀和気命(ほむだわけのみこと)・・・応神天皇

息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)・・・神功皇后

 

相殿神

伊弉諾尊(いざなぎのみこと)

伊弉冉尊(いざなみのみこと)

仁徳天皇の御代、遠津淡海の鎮静のため、海運の神として知られる玉依比売命をお祀りしたと伝わり、

平安時代の神社を所載した延喜式には許部神社と記されています。

当時は許部の里(南区小沢渡町付近)にお祀りされておりましたが、

天慶元年(938)、神託によって現在の地へと遷座されたと伝えられ、

永承6年(1051)には源義家公(八幡太郎)により八幡二柱の神が勧請され、

多くの武家庶民の崇敬を集めたようです。

 

浜松八幡宮公式HPより引用

http://www.hamamatsuhachimangu.org/

 

摂社 東照宮

主祭神

徳川家康

正徳四年(1714年)に勧請し奉斎。

 

末社 浜松稲荷神社

御祭神

倉稲魂命 (うかのみやまのみこと)

大己貴命 (おおなむちのみこと)

大田命 (おおたのみこと)

大宮比賣命 (おおみやひめのみこと)

月夜見命 (つきよみのみこと)