Tag Archives: 健康

カレーはスパイスとハーブの芸術品

No Comments

カレーはスパイスとハーブの芸術品

「カレーはスパイスとハーブの芸術品」といわれています。
カレー粉には実に何十種類ものスパイス&ハーブが使われており、
それらが生み出す深い味わいは、国民食と言えるほど、日本の食文化にも根付き、
多くの方に愛されています。

カレー粉は、カレーの本場であるインドには元来は存在していなかった、
イギリス発祥のミックススパイスです。
カレーは18世紀後半、インドに赴任していたイギリス人が米やスパイスを自国に持ち帰ったことがきっかけとなってイギリスに広まり、その後、イギリスでも簡単にインド料理(カレー)が作れるようにカレー粉が生み出されました。
このため、インドではあまりカレー粉は使われません。
カレー粉に使うスパイスに決まりはありませんが、
日本で市販されているカレー粉には、通常20~30種類のスパイスが使われており、各メーカーによって使用原料の種類や配合割合が異なっています。

一方、ガラムマサラは、インドを代表するミックススパイスで、
通常3~10種類のスパイスを配合して作ります。
スパイスの配合に決まりはありませんが、主にブラックペッパー、カルダモン、コリアンダー、クミン、シナモン、クローブ、ナツメッグなどが用いられ、チリーペッパーを加えてさらに辛みを高める場合もあります。

「カレー粉」 と 「ガラムマサラ」 は、どちらも混合するスパイス・ハーブやブレンド比率に決まりがありません。
また、どちらも同じようなスパイスがブレンドされています。
ここで、決定的な違いとして言えるのは、色づけのスパイス 「ターメリック」 の使用有無でしょう。
カレー粉には、 「ターメリック」 が使用されますが、ガラムマサラには使用されません。
「カレー粉」 が香り・色・辛みのバランスのとれたミックススパイスであるのに対して、
「ガラムマサラ」 は、香りづけや辛みづけに活躍するミックススパイスなのです。

「カレー粉」 「ガラムマサラ」 もカレーだけではなく、様々な料理の風味づけにも活躍します。
カレー粉を使えば、どなたにも親しまれる 「カレー味」 に、
ガラムマサラを使えば、カレーとはひと味違った本場インドのスパイシーな風味を楽しむことができます。

健康オタク家康から学ぶセルフメディケーション

No Comments

健康オタク家康から学ぶセルフメディケーション

 

健康オタクであった家康は、夏でも冷たいものより、熱いうどんを食したり、季節外れのものは食さず、鷹狩り、剣術、弓術、水泳、乗馬などを好んで体を動かしていました。こうした食や健康などのエピソードからも「長命のための身体作り」を心がけていたことが伺え、日本史上初めて「健康や生活習慣」を意識した人物だといわれる所以でしょう。

「自分の健康は自分で守る」つまり、セルフメディケーションを実践していた家康から我々が学び、自分自身に置き換えて実践できることは多々あります。

熱いうどんを食したり、季節外れのものは食さなかった等の食に関するエピソードからは、体やお腹を極端に冷やさないこと、自分たちの体は日々口にするもので出来ていることを意識すること。

鷹狩り、剣術、弓術、水泳、乗馬などを好んで体を動かしていた健康に関するエピソードからは、適度な運動を行うことで体を温めること、ストレスを解消すること。

 

普段我々が無意識に行っていることをセルフメディケーションを念頭に置いて意識して行うことで、より良い習慣へと変化させることが出来ます。

次回以降では、現状を踏まえた上で、実際にどの様に実践していくかをお伝えしていきます。

 

 

参考資料

「体温管理士」通信講座テキスト 特定非営利活動法人 日本レホルム連盟
「決定版 体温を上げる健康法」日本レホルム連盟体温管理士会
「体温を上げると健康になる」齋藤真嗣著 サンマーク出版
「「ヒートショックプロテイン」があなたを健康にする加温生活 伊藤要子著 マガジンハウス
「冷え取り8つの贈り物」健康ジャーナル社

カレーは食べる漢方薬

No Comments

カレーは食べる漢方薬
(健康オタク家康から学ぶセルフメディケーション)

そもそもカレーは、発祥の地インドのアーユルヴェーダに基づけば、「薬膳」として食されているという側面があり、健康に深く関わっています。そして、「食べる漢方薬」と呼ばれるほど豊富なスパイスが使われています。

ターメリック=ウコン

唐辛子=蕃椒

ペッパー=胡椒

クローブ=丁香

ガーリック=大蒜

ミカンの皮=陳皮

ジンジャー=生姜

サフラン=紅花

クミン=馬芹

コリアンダー=胡荽子

フェヌグリーク=胡廬巴

ナツメグ=肉荳蔲

シナモン=桂皮

フェンネル=茴香

 

このように、少し挙げるだけでも、漢方では薬として扱われている素材が、カレーにはふんだんに配合されていることがわかります。

カレーで辛さを決める重要なスパイスである唐辛子には、食欲を増進させ、消化を良くする作用があり、体を温める効果があります。

同様に辛みのスパイスでペッパーは、食欲増進、発汗、胃腸を温める効果があります。

数あるスパイスの中でも、最も強い芳香を持っていて、ガラムマサラには必ず入っているクローブは、成分のオイゲノールに抗酸化作用があり、老化防止に欠かせません。

世界中で使われている最も有名なスパイスで、食欲をそそる香りを持つガーリックは、強壮効果、酸化還元作用で新陳代謝を盛んにし、体組織を若返らせる作用があります。

七味唐辛子には欠かせない薬味である乾燥させたミカンの皮には、血圧降下作用があり、漢方では乾燥させてから1年以上経ったものを生薬として使用しています。

カレーに風味付けに利用されるジンジャーは、体を温める効果がありますが、殺菌作用と解熱作用などを持つジンゲロールという成分が含まれており、このジンゲロールは、100度以下の温度で4~5時間加熱されると体脂肪を効果的に減らす作用、心臓から血液の拍出量を増やす作用、そして脳内の慢性炎症を抑え、認知機能の低下を防いでくれるという効果のあるショウガオールという成分に変わります。

カレー粉の主原料で黄色のカレー色の素になっているウコンには、アルツハイマー病の進行を抑える働きがあるクルクミンが多く含まれている秋ウコンがあります。

 

参考資料

ボケたくなければカレーを食べなさい 医者が教える「カレーが健康によい理由」
川嶋 朗氏 著 (Y‘sBOOK)

カレーの基本  枻出版社