Tag Archives:

徳川VS武田による遠州のへその取り合い

No Comments

徳川VS武田による遠州のへその取り合い

【高天神城略年表】

1596

家康の家臣小笠原長忠、高天神城を守備。

 

1571.3

信玄、内藤昌豊に攻城させるも敗退。

 

1574.12

勝頼、遠江に侵攻し、高天神城を包囲。

 

1574.6

高天神城落城。

 

1578.3

家康、高天神城攻略の拠点・横須賀城を築城。

 

1580.10

家康、小笠山、中村城山などの六砦を築き、高天神城を包囲。

また、城外の稲を刈り、兵糧攻めを敢行。

 

1581.3.22

家康、高天神城を攻め落とす。

 

遠州掛川の南方約八キロの地にある高天神城は、東、南、北が断崖絶壁、西は険阻な尾根につづく天険の要害であり、軍事戦略上の要衝で、徳川・武田双方にとって抑えておきたい重要拠点であった。

 

家康は兵力による力攻めより兵糧攻めでこの高天神城を落とすこととし、天正八年八月から城の周囲に堀を掘り、土塁を築き、柵をまわし、一間(約1.8m)ごとに兵を1名置くという厳重な攻囲体制を敷き、孤立無援の状態に陥らせた。

高天神城の守備兵、城将岡部元信、軍監横田尹松以下1000名は、勝頼からの援軍を期待していたが、北条氏政・織田信長と敵対していた時期で、高天神城まで兵を出すことなど不可能なことであった。

天正九年(1581)正月を迎えた頃、勝頼の援軍を諦めた岡部元信らが、矢文で「降伏したい」と家康方に申し出たが、家康は、その申し出を認めず、三月二十二日、城兵は一斉に討って出て、岡部元信以下730余名討死という壮絶な結果、高天神城は落城した。

 

スターアニス Star anise (カレーに使われるスパイス)

No Comments

スターアニス Star anise
(カレーに使われるスパイス)

 

日本では「八角」の名で知られる中国産スパイス。

科名
モクレン科

利用部位
果実

原産地/産地
中国、南インド、インドシナ半島など

別名
八角、大茴香、チャイニーズアニス

効果
口臭予防、咳止め

 

中国原産のシキミ科の常緑高木で、乾燥させて使用。

名前の由来は、星形の形状とその香りがアニスに似ていることから。

線香や抹香の原料にも使用。

中華料理のなかでも四川料理の香りづけに使われるスパイス。

薬効としては、健胃、嘔吐、風邪、咳止め、鎮痛などに効果を発揮。

成分の一つであるシキミ酸はインフルエンザの治療薬タミフルの合成原料の一つとして使用されている。但し、果実を直接食べてもインフルエンザには効かないことが確認されている。

 

参考資料

ボケたくなければカレーを食べなさい 医者が教える「カレーが健康によい理由」
川嶋 朗氏 著 (Y‘sBOOK)

専門家が教えるスパイスの基本 (PHPビジュアル実用BOOKS)

ショウガ Ginger (カレーに使われるスパイス)

No Comments

ショウガ Ginger
(カレーに使われるスパイス)

 

数多くの料理に使われ、世界中で利用されているハーブの代表格。

科名
ショウガ科の多年生草本

利用部位
根茎

原産地/産地
インド、東南アジア、アフリカ、中米など

別名
ジンジャー、生姜、はじかみ

効果
風邪の改善

 

料理人たちの間で「台所の神の申し子」と呼ばれる。

古くは、脂肪を取り除く効用を期待されたほか、泌尿器、痔、黄疸の処方など薬用に限って使用。

当初は、粉末の調味料として。

食欲増進、血行促進の効果、嘔吐、咳、めまい、下痢、冷え症の治療薬として利用されたり、最近ではストレスを解消する食材として注目を集めている。

身体を温めるだけでなく解熱作用あるので、カレーには欠かせないスパイスですが、その強い殺菌効果から食中毒の予防効果もあり、これも高温多湿のアジアで重宝されている理由の一つ。

 

参考資料

ボケたくなければカレーを食べなさい 医者が教える「カレーが健康によい理由」
川嶋 朗氏 著 (Y‘sBOOK)

専門家が教えるスパイスの基本 (PHPビジュアル実用BOOKS)