Tag Archives:

ブラッククミン Black cumin (カレーに使われるスパイス)

No Comments

ブラッククミン Black cumin
(カレーに使われるスパイス)

インドやヨーロッパ料理に欠かせないスパイシーな風味と香り。

科名
セリ科

利用部位
種子

原産地/産地
インド、パキスタン

別名
カロンジ、ニゲラ

効果
器官系、消化系、倦怠感などの特効薬

 

日本にはあまり馴染みのないスパイス。

カレー料理には欠かすことのできないガラムマサラやカレーパウダーにブレンドされるスパイスの一つ。

中東、アジア、アフリカでは古代から治癒目的で使用。

老化対策や湿疹・ニキビなどの皮膚対策に使用。

アロマオイルの一つとして女性に人気。

 

参考資料

ボケたくなければカレーを食べなさい 医者が教える「カレーが健康によい理由」
川嶋 朗氏 著 (Y‘sBOOK)

専門家が教えるスパイスの基本 (PHPビジュアル実用BOOKS)

フェヌグリーク Fenugreek

No Comments

フェヌグリーク Fenugreek
(カレーに使われるスパイス)

 

個性的な香りと苦みでカレー粉やチャツネの原料に。

 

科名
マメ科の一年生草本

利用部位
種子

原産地/産地
西アジア、ギリシャ、フランス、ドイツ、エジプト、スーダン、中国、モロッコ、パキスタン、アメリカ

別名
コロハ、メッチ

効果
健胃、強壮、脂肪蓄積の抑制、血中コレステロールの低下

 

日本のカレー粉の原料として欠かせないスパイスの一つ。

種子を砕くと焦げた砂糖とメープルのような苦みが感じられ、セロリのような甘い芳香も持っている。また、種子を軽くあぶってから砕くとその芳香はより一層強くなる。

最も古くから栽培されてきた植物の一つで、食用、薬用、香料の原料や飼料として使用されている。

インドや中近東ではそのまま豆として食されることもある。

 

参考資料

ボケたくなければカレーを食べなさい 医者が教える「カレーが健康によい理由」
川嶋 朗氏 著 (Y‘sBOOK)

専門家が教えるスパイスの基本 (PHPビジュアル実用BOOKS)

 

浜松八幡宮

浜松八幡宮

徳川家康は、浜松城の鬼門に位置するこの八幡宮を

鬼門鎮護・開運招福・武運長久の神として篤く信仰し、度々参拝したようです。

祭神

玉依比売命(たまよりひめのみこと)

品陀和気命(ほむだわけのみこと)・・・応神天皇

息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)・・・神功皇后

 

相殿神

伊弉諾尊(いざなぎのみこと)

伊弉冉尊(いざなみのみこと)

仁徳天皇の御代、遠津淡海の鎮静のため、海運の神として知られる玉依比売命をお祀りしたと伝わり、

平安時代の神社を所載した延喜式には許部神社と記されています。

当時は許部の里(南区小沢渡町付近)にお祀りされておりましたが、

天慶元年(938)、神託によって現在の地へと遷座されたと伝えられ、

永承6年(1051)には源義家公(八幡太郎)により八幡二柱の神が勧請され、

多くの武家庶民の崇敬を集めたようです。

 

浜松八幡宮公式HPより引用

http://www.hamamatsuhachimangu.org/

 

摂社 東照宮

主祭神

徳川家康

正徳四年(1714年)に勧請し奉斎。

 

末社 浜松稲荷神社

御祭神

倉稲魂命 (うかのみやまのみこと)

大己貴命 (おおなむちのみこと)

大田命 (おおたのみこと)

大宮比賣命 (おおみやひめのみこと)

月夜見命 (つきよみのみこと)