ディル Dill (カレーに使われるスパイス)

No Comments

ディル Dill
(カレーに使われるスパイス)

 

加熱しない魚料理に合う、羽のような柔らかい葉とさわやかな香り。

科名
セリ科の一年生草本

利用部位
種子(葉茎)

原産地/産地
インド、ヨーロッパ各地、アメリカなど

別名
イノンド、ジラ

効果
鎮痛作用

 

薬草として古くからヨーロッパ、北アフリカ、アジアで栽培。

ディルの種子を煎じたものに鎮静作用があり、胃腸の痛みを和らげ、寝つきの悪い赤ん坊を眠らせるのに効果があった。

尿分泌の促進、生殖力抑制作用、嘔吐止めにも使用。

キャラウェイのような強い芳香を持ち、食品の保存に使用したり、消化を助けるものとして使用。

無味乾燥な食べ物への味付けに。

 

参考資料

ボケたくなければカレーを食べなさい 医者が教える「カレーが健康によい理由」
川嶋 朗氏 著 (Y‘sBOOK)

専門家が教えるスパイスの基本 (PHPビジュアル実用BOOKS)

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です