益々、多様化するレトルトカレー!!

No Comments

益々、多様化するレトルトカレー!!

2016年3月6日産経ニュース掲載、「市場規模507億円、進化する「レトルトカレー」はもはやグルメの域 「ご当地」「ちょい贅沢」「いちごのカレー」も」という記事が掲載されています。

http://www.sankei.com/life/news/160306/lif1603060024-n1.html

記事によると、温めるだけで手軽に食べられるレトルトカレーが多様化している。
全国各地の「ご当地カレー」が注目を集めるほか、店頭価格で500円を超す「高級品」も好調。
レトルトカレーだけを扱う専門店も登場し、市場全体が活性化しているようだ。(戸谷真美)

 

3月28日の記事でも取り上げましたが、
レトルトカレーの市場規模が拡大してきた背景には、
食品業界のトレンド「個食」「簡便化」と世帯の変化「単独世帯の増加」があると思います。

また、レトルトカレー市場が多様化してきている理由としては、
こだわりのあるものを求める人が増えてきていることと元々レトルトカレーは個食向けなので、
多様性を受け入れやすい市場であることも挙げられます。

そして、カレー好きの国民性があるので、地域おこしにカレー!!っとなり易いということもありますね。

実際に、ご当地カレーと言われるものは、2,000種類以上あると言われています。

今後も個人の嗜好の多様性に応えていくため、益々レトルトカレーは多様化し、
それに伴って市場規模の伸長が考えられます。

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です